AGA治療で用いられるザガーロの効果

ザガーロは副作用がある為、信頼のおけるクリニックを選ぶ

ザガーロを用いたAGA治療で懸念されることが副作用です。薬物治療にはつきものともいえる副作用ですが、AGA治療そのものが副作用から生まれた治療であり、前立腺疾患治療に用いた薬剤が副作用というかたちで頭部に発毛を促した経緯から、薬剤配分や研究を重ね、AGA治療目的としてシフトチェンジされました。副作用として、動悸、男性機能低下、性欲減退、乳房女性化、鬱病、肝機能障害、味覚障害などがあります。専門クリニックでは、問診や検査の結果診断と治療方針が伝えられます。とくに検査に関しては一般病院に比べて精密で、高い効果を出すために徹底して行われます。副作用に関しても細心の注意を払い、万が一出現した場合その出方を診て対処し、効果と副作用を抑えるための薬剤処方コントロールがされるでしょう。

専門クリニックの医師は発毛医療の専門医であり、様々なAGAのデータベースを持ちまた、治療経験も豊富であるため、一般病院に比べて患者が多いです。また、この悩みを持つ人はプライバシーにも神経質であり、その点での配慮も専門病院の方が良いと考えられます。ただ、AGA治療は自由診療として全額実費であるため、明瞭な料金説明や使用する薬剤であるプロペシアやザガーロの副作用情報、服用期間中の注意事項などをしっかりと説明し、患者の理解を得る正しいクリニックを選ぶ必要があります。


トップに戻る